楽しい家族の一戸建ては賑やかですね。

木造一戸建て住宅の構造について

木造一戸建て住宅の一般的な構造は、軸組工法と呼ばれる工法と、ツーバイフォーという工法に分けられます。軸組工法は在来工法とも呼ばれており、基本的に柱と梁と土台など軸になる木材で構成されており、地震時に抵抗する構造部材としては構造用合板を用いています。ツーバイフォー工法はアメリカの一般的な木造住宅の工法であり、2インチ×4インチの角材でフレームを組み、全ての外壁を構造用合板で塞ぐという工法です。

軸組工法とツーバイフォー工法を比較した場合、ツーバイフォー工法の方が構造用合板を用いている量が多く、耐震性は高い傾向にありますが、軸組工法でもきちんと構造計算をして、耐力壁を配置していれば問題はありません。最近の軸組工法の住宅は気密性を高めるためにツーバイフォー工法と変わらないほど、構造用合板で外壁を塞いでいる物件もあるほどです。木造住宅に必要な耐力壁は基本的に構造用合板を用いますが、他にも種類があります。室内の耐力壁の場合は石膏ボードや、特殊なファイバーボード、または筋交いと呼ばれる角材や、スチールやステンレスの鋼材を使った耐力壁があります。このように木造一戸建て住宅には様々な構造部材や形式がありますので、住宅を購入する際には効率的に構造計算がされているかを確認しておきましょう。

お役立ち情報