楽しい家族の一戸建ては賑やかですね。

一戸建て住宅の発注方法について

一戸建て住宅を注文する際の形式として、一括発注と分離発注の2つの発注タイプがあります。一般的にはハウスメーカーや工務店に一括発注をする人が大多数を占めますが、中には稀に分離発注をする方も一定数おられます。一括発注とは、発注先に住宅を作るために必要な業種をすべて取りまとめて工事を完了させるという施工管理の業務を任せるという契約になります。これに比べて分離発注とは施工管理を個人に依頼し、各工事はそれぞれの工種の会社と個別に契約をすることになります。

住宅を建てる際には、基礎工事専門の会社、給水配管などの衛生設備専門の会社、内装専門の大工さん、電気工事会社、屋根工事専門会社、板金工事専門会社など、多種多様な会社が施工に関わります。分離発注の利点は、建築に携わるすべての会社を取りまとめる労務を個人に依頼することで、会社に依頼するよりも経費が安くつくメリットがあるのです。一括で発注する場合はそれだけ経費がかかり、その経費がハウスメーカーなどの利益になっていますので、その経費分を浮かすということが分離発注をすることで実現できます。分離発注の注意点としては、現場施工管理を依頼する人の資質に、住宅の質が左右されることです。施工管理を依頼する人が各工種の職人さんをうまくまとめることができなければ、住宅の欠陥につながるリスクがあるということを把握しておきましょう。

お役立ち情報