楽しい家族の一戸建ては賑やかですね。

中古一戸建ての購入は媒介業者がカギを握る

中古の一戸建て住宅を購入するときには、その媒介業者がカギを握っていると言っても過言ではありません。新築住宅と違って、中古の一戸建て住宅は、買主と、売主と、それから媒介業者という三者間の鼎の関係性において事が運んでいきます。もちろん、売主との関係も重視していかなければなりませんが、その仲介をする媒介業者が良くないと、住宅選びも円滑に進まなくなってしまう可能性があるのです。

媒介業者が物件についてどれだけ理解をしているかが、良い物件に巡り合えるかどうかのポイントとなります。ふつう中古物件というのは、レインズというシステムによって媒介業者間の情報が行き来しているのです。ですから、同じ中古物件であっても、媒介業者によってその紹介の仕方だとか、売り出し方だとか、または物件についての理解度だとかがまったく違ってくるのです。そういう意味で、媒介業者の果たす役割というのは大きく、より良い中古住宅に出会うためには、物件の良いところも悪いところも熟知しているような媒介業者でなければならず、売主との交渉にも積極的に参加してくれ、いろんな面で信頼のできる担当者でなければならないのです。ですから、中古住宅探しは、媒介業者探しだと言っても間違いではないのです。

お役立ち情報