楽しい家族の一戸建ては賑やかですね。

一戸建ては新築か中古か

夢のマイホームを購入する、その時新築にするのか中古にするのか、迷うところです。一戸建ての購入というのは、一生に一度のことですから、例えば安さだけ、設備が新しいからという理由だけで、どちらかを選んでしまうというのは良くありません。さまざまな要素、両方のメリットとデメリットとを整理して、最終的な判断をするべきです。

新築一戸建てのメリットとしては、やはりその設備の充実です。最新のセキュリティシステムやオール電化など、あったらうれしい設備が揃っています。また金銭面においても、中古住宅よりも税金の優遇措置を受けやすくなると言うところが、新築のメリットと言えます。しかし新築というのは、建売にせよ注文にせよ、隣家の人間がどんな人となりをしているのかなどがわかりません。また、新しく建てた家が欠陥住宅だったりする可能性もないわけではありません。

これに対して中古住宅のメリットとしては、新築のデメリットとしての隣人の人となりが良くわかるというところです。そこに住んでいる人がどういう人かわかると、生活の設計も立てやすいです。また欠陥住宅にあたる可能性はかなり低くなります。すでに住んでいた人がいたわけですから、欠陥住宅ならばすでに問題として顕在化しているはずです。そして何より、値段が安いところが魅力です。しかし、耐震基準が古いものであったり、デザインが古かったりなど、中古住宅ならではのデメリットもあるということを認識しておかなければなりません。

お役立ち情報