楽しい家族の一戸建ては賑やかですね。

一戸建てのリフォーム

中古の一戸建てを購入した、あるいは長年住んでいる一戸建て住宅である場合でも、住宅の仕様に少しでも不満があるならば、リフォームを検討してみるのもひとつの手です。リフォームをしようと思い立ったならば、まずは住宅のどんなところに不満があるのかを明確にしておく必要があります。たとえば中古の一戸建てであったら、入居するときにどこをリフォームするのかを検討しておく、自分のライフスタイルを重視する仕様にするのか、もっと設備を新しくするのかと言った部分を考えておくべきです。こうして考えておくことは、無駄なリフォームを減らすことにもなるのです。

まずは住宅の現状を把握することが第一です。築年数が何年なのか、過去にリフォームをした履歴があるのかなど、把握しておきましょう。もし増築を考えるのであれば、一戸建ては建ぺい率や容積率の問題もあるので、住宅状況を把握するのは大事なことなのです。リフォームをするにも様々な規制があるので、たとえば延床面積がいくらあるのか、敷地面積がどれくらいなのか、それから建ぺい率や容積率の割合がどうなっているのかなど、リストなどにまとめておくとよりわかりやすくなりますし、業者に頼むときもスムーズにできるのです。

お役立ち情報