楽しい家族の一戸建ては賑やかですね。

一戸建て住宅の特徴について

一戸建て住宅を購入する方法にはいくつか形式があります。最も一般的な形式は、新築分譲戸建て住宅です。これはまとまった大きな敷地を一戸建てにふさわしい大きさに区画し、道路を整備した上で各住戸の区画に同一仕様で家を建て、敷地と家屋セットで売り出すという形式です。新築分譲戸建て住宅の場合は既に出来上がっている物件を購入するタイプと、敷地と外観、間取りが決まった仕様で、内装だけ購入者の希望に沿ってくれるタイプとに分かれます。基本的に購入者の自由な意図はあまり反映してくれません。

次に注文住宅という購入形式について説明します。注文住宅は自由設計とも言われ、土地から選ぶパターンと、既に決まった土地に、購入者の自由な希望を元に設計、施工してもらえる形式となります。分譲住宅と異なり、外観から内装、間取りまで希望をある程度聞いてもらえるため、こだわりを持っている方にはおすすめの購入形式です。ただし、依頼先がハウスメーカーの場合はある程度そのハウスメーカーの規格に応じた仕様までしか設計に反映できないので、細部までこだわって家造りをしたい方は、設計事務所に依頼し設計してもらった上、工務店などの施工会社に工事を依頼する方が好ましいでしょう。

このように戸建て住宅を購入する際の形式については、購入者のこだわりによって最適な依頼の仕方があるのです。

お役立ち情報