楽しい家族の一戸建ては賑やかですね。

一戸建てとマンションの金銭的な面における比較

マンションが良いか一戸建てが良いかは、その人のライフスタイルや好みによって決まってくるでしょう。マンションも一戸建ても、一長一短であり、どちらの良い所があれば悪い所もあります。あとはその人が何を重視するのかで、その良し悪しが決まってくるのです。

まず、住宅購入の際にいちばん気がかりなのは、お金の問題でしょう。マンションと一戸建てではどちらがお金がかかるのでしょうか。もちろんそれは建物の規模の大きさだとか、立地条件などでも変わってきますが、往々にして、マンションの方がお金がかかる傾向にあります。というのも、マンションには管理費や修繕積立費というものがかかってくるからです。管理費というのは、建物の共用部分の維持管理費であり、修繕積立費というのは、建物の修繕のための積立金のことです。こうしたものがずっとかかってくるので、購入した後にもローンや税金以外にも支払っていかなければならないものが一戸建てよりも多いのです。一戸建てには管理費や修繕積立費はありませんが、その分それらを自分でやっていかなければなりません。その際、例えば生垣の剪定を業者に任せればお金がかかってきますから、労力が必要なのは一戸建ての方です。