楽しい家族の一戸建ては賑やかですね。

一戸建ての方がマンションよりも安い

意外かどうかはわかりませんが、一戸建てというのはマンションに比べてお金がかからりません。それは購入資金という側面だけでなく、購入後将来にわたって種々の費用を計算した時に、マンションよりも一戸建ての方が格段に安くなるということです。入居後三十年の費用を比較した時、一戸建てとマンションには一千万円近くの費用の違いがあって、一戸建ての方が安いのです。

購入人かかる費用というのは、やはりマンションよりも一戸建ての方が高い傾向にあるようです。とりわけ一戸建ては、特約火災保険料や水道加入負担金に出費が多くなってしまうので、購入資金というのは一戸建ての方が高い傾向にあります。しかし、購入後の出費を比べてみると、一戸建ての方がマンションよりも格段に安上がりで生活をすることができるのです。というのも、マンションというのは、住宅ローンや固定資産税などの税金のほかに、駐車場代金だとか、管理費だとか、修繕積立費などの諸々の費用がかかってくるからです。もちろん、一戸建てにはこうした費用はかかりません。これらの費用は毎月請求されるものであり、三十年ともなるとかなりの額に膨らんでいるというわけです。したがって、一戸建ての方が生活費が安価に住むということが言えるわけです。