楽しい家族の一戸建ては賑やかですね。

一戸建てとマンションとの暮らしの違いについて

一戸建てとマンションというのは、どんなところにその暮らしの違いが出てくるでしょうか。まず第一に考えられるのが、その広さではないでしょうか。当然の如く、一戸建ての方がマンションよりも広々とした住環境であることが多いです。あるデータによれば、一戸建ての間取りでいちばん多いのは4LDKであり、5LDKという一戸建ても少なくありません。これに対してマンションは、3LDKというのがいちばんの主流であるようです。4LDKというのも少なからずありますが、5LDKというのはほとんどないようです。広々とした環境に住みたいのであれば一戸建ての方が適していると言えるでしょう。

その立地条件についても、両者の違いにおいて顕著な項目です。マンションはやはりとても利便性において一戸建てに優位していると言えます。都市部に多いので、アクセスも良く駅からも近い傾向にあります。一戸建てだと、どうしても都心からは少し離れたところというのが主流なので、マンションよりも利便性は劣ってしまうでしょう。

一戸建てが、家の管理を自分でやらないといけないのに対して、マンションは管理人がその多くをやってくれます。しかし一戸建てがそうした管理すべき箇所、すなわち自分の土地を持てるのに対して、管理の面倒さはありませんが、土地を持てないのがマンションです。

お役立ち情報