楽しい家族の一戸建ては賑やかですね。

一戸建ての屋根のメンテナンス

一戸建ては賃貸住宅のような管理費は必要ありませんが、かわりに定期的なメンテナンスが欠かせません。なかでも屋根の補修は、目立つ場所ではないので無視する人も多いようですが、放っておくと雨漏りが発生することがあります。建物に侵入した水によって柱や外壁が腐食すると、小さな地震でも倒壊する危険がありますから、たかが雨漏りとバカにすることはできません。

一般に屋根のメンテナンスは、10年ごとに必要だと言われています。本瓦葺きの屋根なら水漏れの心配はありませんが、金属やスレートの屋根だと防水性能が時間とともに劣化していきます。ですから10年を目安に、耐水性のある塗料で塗り替えることが推奨されています。また塗り替えのほか、重ね葺きという工法もあります。これは劣化した屋根の上に、もう一枚の新しい屋根をかぶせる方法です。防水のほかに断熱効果も期待できますが、屋根が重くなりすぎるため、素材によっては選べないこともあります。

長らく放置していたため、屋根の下地まで傷んでいる場合には、屋根全体を葺き替えなければならないことがあります。大がかりな工事になりますし、廃材の撤去費用も含めて、料金は高くなりがちです。ただし軽い素材の屋根に葺き替えることで、耐震効果が期待できるというメリットもあります。

お役立ち情報