楽しい家族の一戸建ては賑やかですね。

一戸建て住宅のメンテナンスの必要性

一戸建て住宅はマンションとは異なり、将来的な修繕費を毎月徴収はされません。基本的に一つの建物を一つの世帯で所有しているため、管理も修繕も個人レベルで行う必要があるのです。マンションなどの集合住宅の場合は建物自体が共用ですので、入居者全体で管理し、修繕する必要があり、集合体ならではの定期的なメンテナンスとメンテナンス費用の積み立てが必要なのです。一戸建て住宅の場合は修繕の必要性を重く感じていない人が多く、定期的な建物の健康状態をみるのも自分のタイミングで行わざるを得ないため、等閑になりやすい傾向があります。

最も重要な修繕内容としては、外壁です。外壁は風雨にさらされて劣化するものですので、定期的に外観を調査し、もし目視でわかるクラックなどが見つかった場合は早急に補修する必要があります。外観ではわからない場合でも気をつけたい点としては漏水です。天井裏や小屋裏を定期的に点検し、漏水した形跡がないかを調べることが大変重要です。もし内部に漏水が見つかった場合は、木造の場合は木材が腐り強度不足になる恐れがありますので、こちらも早急な対応が必要となります。これらの漏水跡は自分で見つけることは至難の技ですので、漏水調査専門の会社に依頼し調査を実施することがお勧めです。このように一戸建て住宅には自分で家を守る必要があるため、メンテナンスを重要視することが大切です。